不動産での住宅ローンの変動金利と固定金利

sample史上最低の金利ということで、マイナス金利などの影響もあり、超低金利で運用の方は大変ですが、借りれに関しては、非常に有利な状況が続いているということになります。
庶民としてはいちばん身近なのが住宅ローンということになります。
当然借り入れの金利も非常に低く、メリットが大きな借り入れができます。
住宅ローンは不動産物件を購入する時には、マイホームの取得としても大きな助けとなります。
超低金利が続けば、返済額が低く抑えられるのでメリットも大きくなるということで続きます。
問題は金利が上がる時です。
当然変動金利を選んでいる人の方が多いので、金利が上がれば、返済額が増えていきます。
その場合心配されるのが金利の急上昇です。
わずかずつ金利が上がっていく場合は、すぐに固定金利に変更すれば良いと考えますが、その時には、対処できないほど急激に上がる可能性が高くなります。
そうなると対処することができないということで、非常に苦しい立場になるということも考えておく必要があります。

昼食の用意ができないときは!

シーズでは現状回復リフォームから
ハウスクリーングまでトータルサポート

バレエをされている方にオススメのショップ

コリや痛みが気になるママへ

イギリスへの引越し対応はエコノムーブジャパン

sample

最新投稿

  • 不動産という魅力的な資産クラス

    不動産は、資産クラスとしては非常に魅力的なものとなります。
    株や債券とは完全に違った値動きをす…

    続きを読む...

  • 分譲マンションを一時的に賃貸に出すとき

    分譲マンションを購入して住もうとしたが、転勤で住めなくなることがあります。
    戻ってくる予定が無…

    続きを読む...

  • 不動産鑑定士の役割と主な業務内容

    不動産関係の資格の中でも最高峰に位置するのが不動産鑑定士の資格ですが、その主な仕事内容は次のようにな…

    続きを読む...

  • 不動産物件のセキュリティを考えることも大事です

    アパート経営を始める方もいたりと、不動産の収入を得られるように、いろんなことを考えて、行動を起こす方…

    続きを読む...